Japanese|English|
 

トップページ 最新情報 | 観光情報 | 施設案内 | お問い合わせ |

バナー広告

バナー広告

バナー広告

サイドメニュー

トップページ | 最新情報 | 季節情報 | 観光情報 | 施設案内 | 観光マップ | リンク | お問い合わせ

サイドメニュー
メンバーシップ

弥生祭

〜華やかな花家体が繰り込み、祭りのクライマックスを迎える〜

 「日光の春は弥生祭から」といわれるように、毎年4月13日から17日までの5日間にわたって繰り広げられる日光二荒山神社の例祭「弥生祭」は、日光に絢爛たる春を告げる祭りです。神護景運(じんごけいうん)年間(767〜770)に始まるといわれる伝統ある例大祭で、その昔は太陰暦3月に行われたので、弥生祭と呼ばれています。明治6年に太陽暦に改められた時に、祭日を現在のように変えたといわれています。  弥生祭は、13日の本社・滝尾(たきのお)・本宮(ほんぐう)の三社の神輿飾りの式を皮切りに、17日までの5日間行われます。その間神事に終始するものの、この祭りの見どころは、何といっても、大祭当日の17日に付祭(つけまつり)として、東町8台・西町4台の計12台の花家体(はなやたい)が繰り出される「各町家体繰出し」です。日光が市制となった年(昭和29年)を記念して、観光協会主催で16日に前夜祭が行われるようになってから、花家体が16日と17日の2日間市街に繰り出されるようになりました。

 各町内の家体がそろうと、古式ゆかしい作法で各町の行事2名、頭役2名が他町を訪れて挨拶を交わす「名刺交換」が行われ、続いて町内の家体が神社の拝殿の周囲を、囃子を奏でながら一巡する「神明廻り」が繰り広げられます。この祭りは、古いしきたりを重んじ、格式通りに万事進めなければならず、ひとつ間違えると町内同士のトラブルになることから「ごた祭り」「ケンカ祭り」の異名をとっています。 今年は、平成9年より8年間修理工事を行っていた神橋が世界遺産登録後初お目見えとなります。弥生祭の時には神橋をご覧になれます。4月20日(水)から渡ることができ、平成18年3月末までは橋の下に設置される仮設観覧台より神橋の下部構造を見学することもできます。新しい朱塗りの神橋を是非ご覧下さい。

日程・詳細

  • 期日
    • 4月13日(水)〜17日(日)
  • 内容
    • ◆神輿飾祭(しんよかざりさい):13日(水)13時 本社拝殿 本社・滝尾(たきのお)・本宮(ほんぐう)の三社の神輿を本社拝殿にお飾りする祭りです。
      ◆滝尾神社神輿渡御祭・酒迎式: 14日(木)13時 本社・滝尾神社・東照宮表門 滝尾の神輿一基が滝尾神社に還る祭り。途中東照宮表門前にて神輿をお飾りし、東照宮神職により神饌をお供えし拝礼します。
      ◆氏子大祭:15日(金)10時氏子市民の家内安全を祈願する祭典です。
      ◆滝尾神社神輿還御祭・高天原(たかまがはら)神事:16日(土)9時本社・滝尾神社9時30分 本社高天原(高天原神事) 滝尾神社より神輿が還ります。本社神苑の高天原斎場にて本社本宮の二基の神輿がこれをお迎えする神事です。
      ◆宵まつり(各町家体繰出し):16日(土)11時 各町家体繰出し14時 全家体神橋付近合流神橋上・神橋受付所前前において宵まつり式典各町日光囃子披露・地酒接待
      ◆例大祭(各町家体繰出し):17日(日)10時例大祭11時頃全町家体社頭繰込み12時30分本宮神社三神神輿渡御14時30分頃 神明廻り15時30分頃 拝殿前手打式
  • 場所
    • 日光二荒山神社〜市街地
  • 交通
    • 電車・バス:JR・東武日光駅より東武バス中禅寺温泉または湯元温泉行きで7分「西参道」下車徒歩5分

      車 :日光宇都宮道路日光ICより7分
  • お問い合せ
    • お問い合せ
       【日光二荒山神社】 tel. 0288-54-0535
       【(社)日光観光協会】 tel. 0288-54-2496
 

トップページ イベント情報 弥生祭

 
 
Copyright OkunikkoOfficialSite executive committee.All rights reserved.